記帳代行

Q1.経理代行のうち記帳代行とは何ですか?
A1.事業活動を通じて経費等を現金で支払した時に入手した領収書、現金入金の際に発行した領収書の控えから現金出納帳、預金通帳の記帳から預金出納帳を作成すること、又、売上請求書から売上仕訳、仕入・外注費の請求書から仕入等の仕訳、給与一覧から給与仕訳、手形帳から手形の仕訳を作成します。
以上のように事業活動によって入手し、又は、作成された書類から仕訳を起票し、仕訳を会計ソフトに入力することによって試算表、総勘定元帳、決算報告書を作成することを言います。

Q2.記帳代行をお願いするメリットは何ですか?
A2.記帳をご自身で行うことはかなりの労力を要します。独立開業後数年は何かと大変な時期です。
この時期に代表者が経理に時間を使うべきではありません。とにかく営業活動に専念すべき時期です。代表者が本来行うべき業務に集中できること、これが最大のメリットです。

Q3.Q2の重要性は分かりますが、事務の担当者を採用すれば良いのではありませんか?
A3.資金的に余裕があれば、経理ができる人を採用すれば対応が可能です。但し経理担当者を採用しても、事業ごとに異なる経理の仕組みを作り上げるのは大変な作業です。税理士事務所に委託すれば、指導から税務申告まで対応してもらえますが、一般的には相当の費用がかかります。また経理担当者の雇用が安定しないことは中小企業では良くあることです。
その場合は、再度の募集コスト、引継ぎの際に人件費が二重となるコスト、税理士事務所に経理担当者の指導をしてもらうコストなどが発生します。

  Q4.帳簿の記帳以外にも事務作業はありますが、それはどうすれば良いですか?
A4.記帳以外の事務作業として、給与計算、売上の請求書発行、仕入・外注費・経費の請求書の支払作業などがあります。これらの業務もお値打ち価格で代行しています。詳細は経理代行をご参照下さい

 イラスト     
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: