現金出納帳、預金出納帳

独立開業後、起業による法人設立後、殆ど全ての事業活動、営業活動、サービスの提供活動には現金の入出金が伴います。
日々の支出・入金を適切に記録し数値化して事業内容を表現しないと、儲かっているのか、儲かっていないのか、仕入金額は適切か、材料費率は適切か、価格設定は適切か、大切なことが分からない状態で経営することになります。
儲かっているか、儲かっていないかが分からない状態で、現金・預金残高が徐々に減少してゆきます。
このまま現金預金が減少してゆき、資金不足となれば支払が滞り事業が続けられません。
現金預金の残高の減少はどこかで止まって、一定金額で増減する状態になるのか。
或いは、融資を申し込んだ方が良いのか。融資を申し込んでも融資が受けられるのか、必要書類は何か融資が受けられるとした場合、幾らの借入申し込みすれば良いのか。分からないことだらけです。
先ず黒字か、赤字かを掴まなければなりません。

利益を掴むためには、現金出納帳、預金出納帳を記帳し、簡単に言えば現金と預金の出入りをすべて帳面に記入し、さらに現金と預金の出入りがない取引、例えば、売上先への請求書の発行、仕入先からの請求書の到着なども売上帳・仕入れ帳に記入し、仕訳(事業による取引を簿記のルールに従って伝票に記入すること)を起票し会計ソフトへ入力する必要があります。
勿論手書きで総勘定元帳へ転記して試算表(事業の財産の状態、売上と原価又は費用の発生状況が分かる一覧表)を作成することもできますが、簿記の知識がなければ困難です。
現在では会計ソフトへ仕訳を入力すれば、試算表の作成は勿論、仕訳帳(事業上の取引を日付け順に歴史的に記録したもの)、総勘定元帳(仕訳データを基に、事業上の取引を科目別に分析的に分類したもの)を作成することができます。
また、決算(法人であれば定款に定められている決算月、個人であれば12月末)での修正仕訳を追加で入力すれば決算書まで作成できてしまう会計ソフトが殆どです。
しかし、自分できできるようになるまではかなりの努力が必要です。
その努力する時間を営業活動にあてて経理は代行会社に委託する、これが最も効率の良い方法です。

イラスト