公認会計士と税理士の違い

公認会計士の指導を受けて分かったこと、税理士からの指導だけでは分からなかったこと
 
(1)公認会計士と税理士の違い
 
@公認会計士とは?
 公認会計士は公認会計士試験を合格にすることによって資格が与えられます。公認会計士の一番重要な仕事は「上場企業等、法定監査が必要な企業の監査をすること」です。上場企業とは、分かりやすく言えば、「証券取引所で株式が売買されている会社」です。株式を買いたい投資家が株式を購入する際には、その会社の業績等を主に「有価証券報告書」で判断します。
その「有価証券報告書」が法規や規則通りに作成されていなければ投資家は誤った判断をしてしまいます。投資家が判断を誤らないように、その会社のの実態を表す「鏡」ともいえるべき貸借対照表、損益計算書が正しく作成されているかを監査、ひらたく言えばチェックすることが公認会計士の主要な業務でありこの業務は「税理士にはできない公認会計士の独占業務」です。
なお、会社の財政状態(現金、預金、在庫、資産などの財産の状態)を表すものが貸借対照表で会社の経営成績(もうかっているかいないのか)を表すものが損益計算書です。
 公認会計士は登録すれば税理士を名乗り税理士業務を行うことができます。
 
A税理士とは?
 税理士は税理士試験を合格(一部例外もあります。)することによって資格が与えられます。税理士にしかできない業務(独占業務)は税務申告や税務相談です。
 
B公認会計士試験及び税理士試験は受験科目として簿記論、財務諸表論が共通しています。公認会計士試験にしかない科目は、「経済学、経営学、会社法、管理会計(原価計算など)、監査論」などがあります。逆に言うと税理士試験ではこれらの科目はありません。税理士試験にしかない科目は「法人税法又は所得税法(いずれか選択)、相続税法、消費税法、国税徴収法、地方税法(住民税、事業税、固定資産税)などがあります。公認会計士試験に租税法という科目はありますが、法人税法・消費税法の一部のみが範囲であり、税理士試験の税法ほどの範囲や難易度ではありません。
 
C以上のとおり簿記論、財務諸表論を除き試験科目が異なり、別物の資格と言うことができます。
 
D公認会計士試験に合格すると、税理士業務ができますので(税法をあまり知らなくても)さらに税理士試験を受ける方は先ずいないと考えられます。
税理士試験合格後に公認会計士試験も受験し合格される方はごく僅かですが存在します。税務・会計に関する2大資格を合格することは非常に難関です。逆に言えばこの先生を顧問とすることが一番安心感があり、見つけられれば非常に有益な指導を受けることができます。
 
E財務ファクトリーさくらが提携する税理士法人は、税理士試験を5科目合格し公認会計士試験を突破した代表者が経営しており、その税理士法人のコンサルティング定期的に受けています。