独立開業後には何をすれば良いですか?

先ず官庁へ届出が必要です


個人の場合 以下の書類は国税局HPからDLできます。
 国税庁のHP→「申請・届出様式」→「所得税・源泉所得税」→「申告所得税関係」からダウンロード
 して使用します。

個人開業届


何年何月何日に開業した旨を記載し提出します。

青色申告承認申請書


(青色申告を選択する場合)
青色申告を選択すると税金計算上有利な特典があります。一般的には青色申告を選択します。
税理士が関与する場合も青色申告を選択するよう勧められます。青色申告を勧めない税理士には頼まない方が良いでしょう。

開業が1月1日から1月15日迄の場合は、提出期限は3月15日になります。
開業が1月16日以降の場合(1月16日も含みます。)は提出期限は2ヶ月以内です。
2月16日設立の場合は5月15日になります。(開業後2ヶ月を経過する日、又は、2ヶ月を経過した日の前日と表現されます。)
期限が分かりにくければ早めの提出をお勧めします。 

給与支払事務所の開設届


(親族又は、第三者に給与の支払をする場合)
親族(同居親族及び別居親族)又は、血縁関係のない第三者に給与の支払をする場合は
この届出を提出します。

上記届出を提出した場合、源泉所得税の納期特例の届出及び納期特例適用者の納期限の
特例適用の届出書を合わせて提出することをお勧めします。
但し納付期限を遅れて納めることが多い場合は、毎月納付のままにしておくと
加算税の計算が少なくなるケースもあります。

専従者給与の届出書


同居親族に給与の支払いをする場合はこの届出書に、月給、賞与、仕事の内容などを記載して提出します。

イラスト